診断から導入まで

トップ > 在宅医療 > 診断から導入まで

診断から導入まで

診断
・基礎疾患の診断
・呼吸不全に関する病態の把握
検査と処方
・動脈血ガス分析またはパルスオキシメーター測定
・在宅酸素療法の適応を確認(←適応基準)
・酸素流量・吸入時間・処方の決定
指導
・患者さんとご家族に対する指導(在宅酸素療法の目的、日常生活での注意点、禁煙厳守・火気厳禁など)
導入
・機器の発注
・患者さん宅への機器の設置(機器の設置、使用方法などていねいに、わかりやすく説明します)
 

HOTの適応基準

  1. 高度慢性呼吸不全

    導入時に、PaO2≦55mmHg またはPaO2≦60mmHg
    で睡眠時または運動時に著しい低酸素血症を来す場合

  2. 肺高血圧症
  3. 慢性心不全及びチアノーゼ型先天性心疾患

    慢性心不全患者のうち、医師の診断により、NYHAⅢ度以上であると認められ、 睡眠時のチェーンストークス呼吸がみられ、
    無呼吸低呼吸指数(AHI)が20 以上であることが睡眠ポリグラフィー上確認されている症例とする。

在宅酸素療法患者数の推移

在宅酸素療法患者数の推移

使用上の注意

呼吸とは

酸素は、支燃性のガスであり、酸素自体は燃えませんが、 他のものを燃やすのを助ける性質があり、火気には十分注意が必要です。

 

在宅酸素療法における火気取扱いの注意:日本産業・医療ガス協会

Loading the player ...

◆外部リンク:一般社団法人 日本産業・医療ガス協会
在宅酸素療法における火気取扱いの注意

◆外部リンク:一般社団法人 日本産業・医療ガス協会
在宅酸素療法を実施している患者居宅で発生した火災による重篤な健康被害の事例 PDF

ページトップに戻る