在宅酸素療法の効果

トップ > 在宅医療 > 在宅酸素療法の効果

在宅酸素療法の効果

酸素を吸った方が吸わないより長生き

呼吸不全に陥ったCOPD患者の予後が、在宅療法により、著明に改善することが、イギリスMRC(Medical Research Council)アメリカのNOTT(Nocturnal Oxygen Therapy Trial)の研究で明らかになっています。

呼吸困難を感じる度合いは?

呼吸困難を感じる度合いをフェイススケールでチェックしてみましょう。
毎日のあなたの状態を数値に置き換えて管理することが大切です。

フェイススケール

在宅酸素療法の適応基準

在宅酸素療法の適応基準
 

呼吸の仕組み

呼吸とは

呼吸とは

呼吸とは、空気中から体内に酸素を取り入れ、体内から空気中に二酸化炭素を吐き出すことです。

呼吸は、肺の周りの骨や筋肉、横隔膜が連携して、肺を動かすことによって行われます。

 
息を吸うとき
息を吸うとき

肺の周りの骨や筋肉が外側に動き、横隔膜がさがって肺が膨らみます。肺が膨らむと肺から空気が押し出されます。

 
息を吐くとき
息を吐くとき

肺の周りの骨や筋肉が内側に動き、横隔膜が上がって肺が縮みます。肺が縮むと、肺から空気が押し出されます。

 
 

ページトップに戻る